網膜剥離

12月後半のある日。

はなびの左側におやつを見せたのに、気づかない。
右側におやつを持っていくとちゃんと目で追うはなび。

見た目は特に変わったとこはなかったんやけど、なんかオカシイ…と思い、すぐに眼科に電話して診てもらうことにした。

院長先生の一声が『こりゃマズイなぁ』と、
その言葉聞いて、私は倒れそうになったよ(。>д<)

診断は『網膜剥離』
それもかなり進行してしまってるから、左目は見えてないって(;>_<;)

白内障の手術は成功し、術後も安定してたのに、どうして…。

先生が言うには、はなびの場合、耳や頭をガシガシ掻いて、術後弱くなってる目に刺激し網膜が剥がれてしまったと思うと。

確かに顔や耳裏をよく掻いてたはなび。
まさかこんなことになるとは…( TДT)

なんのために手術したんやろ…もっと注意してたらよかった。

後悔してもしょうがないけど、すごく悲しかった。

ほんとにほんとに凹んだ。

網膜剥離だけでもショックやったのに、はなびの左目はもっと厄介なことになっていったのでした。


b0142148_1545880.jpg





にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
☆ランキングに参加中☆
帰りにボチッと宜しくお願いします!
[PR]
by sapphire-life | 2013-06-29 21:36 | 病院
<< 人工レンズが… ご無沙汰してました。 >>