白内障について

『白内障で手術は必要?』とよく聞かれます。

はなびは…
①若い
②涙が詰まりやすい
③緑内障になる素因がある
④手術をしたらまた見えるようになる

と言うことだったので、白内障手術をすることに決めました。

『そのまま放置したらどうなる?』…簡単に言うと
白内障になった眼の中の白く濁った内容物が悪さをして、炎症を起こしたり、緑内障が起こる危険性が高くなるそうです。
※個体差はあります


肉眼ではそんなに進行してるように見えなかったけど、実際はかなり進行してたはなびの白内障。

わんこの白内障は気付きにくいのです。

白内障は進行すればするほど手術が難しく時間もかかり、合併症も多くなるそう。

わんこの白内障の手術も人と同じで、水晶体を包んでる袋を切り、穴をあけて白く濁った水晶体核を超音波で削り、吸い取り、その中に人口水晶体(眼内レンズ)を入れます。

はなびは『偶然』が重なり白内障が早期発見され、膵炎と胆石もわかり治療できてるんだと思う。

結膜炎になったの時に少し白内障が始まってると言われ、念のために以前お世話になった眼科で診てもらったのが7月24日。

最初は手術の予定日を30日にしてもらったけど、術前検査で膵炎があることがわかり手術は延期。

処方食と内服薬で10日ほど治療し、8月6日に再検査。
その時、エコーを撮ったら胆石が見つかる。
膵炎は少しよくなったけど、まだ高い数値。

先生の判断で手術はこれ以上延ばさない方がいいと言われ、8月8日に手術。

前回の日記にも書いたけど、けっこう白内障が進んでて、手術は予定より時間が掛かり難ししかったみたい。

はなびはすぐに専門医に診てもらえてほんまにラッキーでした!

珍しく今日はちょっとポジティブに考えてみた(笑)


入院中は面会は禁止やけど、電話で様子を聞くことはできます。

昨日は1日点滴で治療をしてたようです。
眼圧も安定してるし、ご飯も少しは食べれたし、治療も順調!

だ け ど ~

ひとつ気になることがあると…

角膜外側の表面の1/3が白く濁った状態があり、術後、たまにでる症状だけど…このまま残る子もいれば、だんだん薄くなる子もいるし、逆に濃くなってその部分だけ見えなくなっちゃう子もいるそうです。

はなびがどのパターンに当てはまるかは、今の段階ではわからないそう。


術前の説明で合併症や後遺症のことは効いてたけど、いざ言われるとショックやね。

明日、やっとお迎えに行けます!

早く会いたいよー(T-T)

b0142148_2171265.jpg





にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
☆ランキングに参加中☆
帰りにポチッと宜しくお願いします!
[PR]
by sapphire-life | 2012-08-10 21:08 | 病院
<< 術後の合併症 白内障手術&入院 >>